イラストの持ち込み営業に持ち込みにいこう!

営業活動しなければ!っということで、持ち込み営業を行ってみました。
電話しなきゃいけないし、ポートフォリオを目の前でみていただくなんて拷問だ!っと思いましたが、
1回は経験しとこうと思いポートフォリオを整えて挑戦してみました。

どの企業に持ち込むのか決めて電話しよう!

持ち込む企業の探し方

本屋さんなどで、持ち込みたい出版社様の電話番号をメモしてきました。
児童書や、女児向けの絵を使用している出版社様中心に私は探しました。
その他、他の作家さんの実績などに出版社さんが表記されていることがあるので、私もこことお仕事したいな~っと思ったところのサイトなどをみて探すのもありだと思います。
メモした出版社様などのサイトを見てみると、郵送のみ受け付けているとこをもあるので、確認必須です。
10件くらい電話しましたが、持ち込みOKは2件。その他は郵送でということでした。

電話でアポを取ろう

緊張する瞬間ですね・・・!
しどろもどろになるのは確実だったので、カンペを用意しました。
・イラストレーターをしております、よこてさとめです。
・「見た冊子の名前」で電話をしました。
・イラストの持ち込みをしたいのですが、担当の方いらっしゃいますか
ここらへん押さえておけば大丈夫かと思います。

いざ!持ち込みへ!!

持ち込み当日

遅刻厳禁!・・・は当たり前田のクラッカーでして、早めに最寄り駅についておきましょう。
ポートフォリオは持ち込み後、担当の方に渡す前提で持っていきます。なので、その日に2件持ち込みがあるなら2冊持っていきましょう。
あとは、名刺も多めに(他の部署の方にも紹介してくださる可能性があるので)持っていきましょう。

訪問

2社ともだいたい20~30分くらいみていただけました。
他の部署の方に紹介していただいたりなどしていただき、とっても緊張しました。
「あ、このイラストあれによさそう」など直接感想いただけるので、勉強にもなりました。
終わり間際には、質問ありますか?など聞かれることもあるので、気になることはここで聞いておきましょう!

御礼メール。ポートフォリオ郵送しよう!

御礼メールを送ろう

わりかし、送るっというレポを見ないのですが、どうなんですかね?
時間割いて見ていただいた部分もあったり、帰っている途中にあのこと言い忘れた!なんてこともあるので、御礼メールを送信しました。
また、他の部署の方にはポートフォリオを渡すことができなかったので、御礼メールと一緒にPDFポートフォリオのURLも記載しました。

郵送の企業に送ろう!

郵送ご希望だった企業さんに送ります。
A4サイズ10ポケットくらいのファイルに作品を詰めて送ります。
送る企業に合わせて、作品の順番を入れ替えたり、このタッチを多く入れよう!など調節します。
また、名刺もポートフォリオに入れておくとよいかと思います。(私は、背表紙の内側にポケットを貼って数枚入れました)
普通の郵送だと、発送料金が高くつくので私はクリックポストを使用しました。
A4サイズ厚み3cmまでが、185円で送れます!
クレジット決済、ポスト投函なのでラクです。

まとめ

こんな感じで営業を行いまして、無事に受注いただきました。
ポートフォリオを送ったけど、音沙汰無いな~という企業はあきらめず、ポートフォリオを更新したら再度送りましょう!
すぐ結果がでることはまれなので、どんどん行動するべきだと思います。
ただ、やっぱりハードルが高い!っという方はメール営業もよいと思います。
メール営業もしてみましたが、ご返信いただけたりと反応いただけます!
自分に合った営業方法で攻めてみてください!行動しないよりイイ!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です